sacaiの世界 ~その魅力に迫る~

「ユニクロ」のようなファストファッションと、「ルイ・ヴィトン」のような高級メゾンとに二極化するアパレル業界の中で、モードの正統を踏まえながら、独自の世界観とビジネスで快進撃を続けるのが「sacai-サカイ-」。今、日本で最も注目されているブランドと言っても過言ではない。そんな「sacai-サカイ-」とデザイナー阿部千登勢の人をひきつける人間力に迫ってみる。

「サカイ sacai 2018」の画像検索結果

sacai サカイ


sacai(サカイ)は日本のを代表するファッションブランド。ブランド名である「sacai」はデザイナーである阿部千登勢(あべちとせ)の旧姓より名付けられた。
ブランドコンセプトは「日常の上に成り立つデザイン」。スタンダードなものを大切にしながら、エレガントな要素を加え、またクラシックなアイテムにひねりを加えることで、sacaiの考えるエレガントな「ニュースタンダード」を表現。

ブランドの開始当初はニットを使用したアイテムが多くを占めていた。ニットは現在でもsacaiの特長の1つであるが、よりバリエーションが増えている。適正な価格でクオリティを高く維持。毛玉のできる商品が分かると、すぐに自己負担で回収するなど品質に徹底的なこだわりを持つ。

sacaiの異質な素材の組み合わせ、独特なシルエット、細かい部分に技術、アイデア、工夫を凝らしたデザインなど、よく見ると確かに分かる拘りが強く支持されている。

今ではニットとシルクなど異素材を組み合わせた独自のデザインで絶大な人気を誇り、東京を始め、ニューヨーク、パリ、ロンドンなどのセレクトショップでも取り扱われている。また近年では中国や台湾、シンガポールなどのアジア圏でも人気を集めている。現在メンズ、ウイメンズ、リラックスウェアのsacai luck(サカイラック)の3ラインを展開している。

 

「サカイ sacai 」の画像検索結果

sacaiのブランドコンセプト

sacaiのコレクションは、「着たいものを、着たい時に、着たいように着る」という阿部の考えを体現している。ニットと微細な織素材などといった対照的なテクスチャのファブリックの組み合わせ、パターンを再解釈するテクニックを通して、ハイブリッドの発想を組み込みながら洋服を予想外のフォルムとシルエットに変形させる。コレクションがフェミニンな様相を呈す一方、阿部の関心は、独特で普遍的、革新的で実験的な洋服作りに傾倒し続けている。自身をとりまく日々の生活や周囲の人々を観察することによりインスピレーションを受け作られるコレクションは、ベーシックでクラシカルなアイテムを崩し変形しながら、独特のエレガンスを放つ。特定の機会に留まらず、日々のさまざまな場面において成立する「日常の上に成り立つデザイン」をコンセプトに置く。

 

「サカイ sacai 2018」の画像検索結果

阿部千登勢のプロフィール

【阿部千登勢(あべ ちとせ)】

1965年11月9日生まれ。岐阜県中津川市出身。
父は会社員という家庭だったが、器用な母は近所の洋品店から頼まれて、オリジナルデザインの服を作っていたため、ミシンが日常的にある環境で育つ。
小学生のときは「ドゥファミリィ」が大好きで、中学では東京・原宿の「ミルク」がお気に入り。

高校時代から人と同じ格好というのが好きではなく、コム デ ギャルソンに、デプトストアで買った古着を合わせるなど、目立つことは好きだったと語っている。

そういったファッションに対するこだわりを持ちながらも、勉学にも手を抜くことは無く努力したとも言う。彼女の中に、「努力するのが美徳だ!」という確固とした基準があったようだ。妥協のないコレクション製作も子供の頃から繋がっていると言える。

高校卒業後、東京の文化服装学院を希望していたのだが両親の反対にあい、名古屋ファッション専門学校服飾科に入学。
1987年、名古屋ファッション専門学校服飾科卒業後、「ワールド」に入社。ちなみに入社面接では自分で作った服を着用。黒いジャージ素材で作ったジャンプスーツで、ジッパーの間からレースのフリルがのぞいているもの。それに白い靴を合わせた奇抜なスタイルで臨んだと話す。ワールドでは「スチェッソ」というブランドのデザインを担当。環境には満足していたが、阿部にはどうしても気になることがあった。それは、コム デ ギャルソンのオフィスからランチに出ていく人たちだった。白いシャツにモノトーンのボトムスという出で立ちは阿部の心を揺さぶった。
川久保玲(コム デ ギャルソンのオーナーデザイナー)は、阿部の学生時代からのカリスマであったことも含め、そんなブランドで働くスタッフの姿を見ているうちに、「どうしてもあそこに加わりたい」という気持ちが、抑えきれなくなった。あるとき「カットソーのパターンカッターだったら募集しているよ」という話を聞きつけて、「よし、受けよう」と決心。
1989年、COMME des GARCONS(コムデギャルソン)に入社することとなった。パタンナー、ニットウエアの企画を経験。
1996年、阿部が31歳の時に結婚・出産育児を機に退社。「子どもが生まれたら、急遽休まざるを得ない、という場面も出てくるだろうし、そういうことで会社に迷惑をかけてはいけない、かけたくない」と考えたと話す。

その後は、やはり仕事や服飾への欲は消えることは無く、夫の後押しもあり、1999年 自身のアパレルブランドsacaiを立ち上げることとなる。

 

「サカイ sacai 2018」の画像検索結果

 

sacai ブランド設立のきっかけ

出産後、生まれた子供は可愛く仕事を辞めたこと、COMME des GARCONS(コムデギャルソン)を退社したことへの後悔はなかったが、これまでバリバリと仕事へ打ち込んでいたこともあり、夫・阿部潤一と仕事の理想が似ていた分、子供を生んだ自分との差に不公平さを日々感じていたが、あるとき、家でふさぎこむ阿部に、夫・阿部潤一が「だったら自分でもブランドを作ってみたら?」と。

その時を阿部はこう語る。
「生まれた娘は可愛かったし、後悔はしませんでしたが、やっぱり、ものすごく悶々としましたね。夫は自分の仕事に打ち込んでいます。方や私は、赤ん坊とふたりきりで、社会に取り残された感満載のまま、ママ友の輪に入れず、公園デビューもできず、近所の神社でベビーカーを押している。直前まで私だって同じように、バリバリと仕事をしていたわけです。しかも夫も私も、仕事で目指すもの、理想が似ていました。でも、子どもを生んだら、私のアイデンティティは「○○ちゃんのママ」で、名前さえつかない。「これって不公平じゃない? 何かおかしくない?」っていうことを、実は夫にさんざん言いました。」

そうして阿部潤一にブランドの立ち上げを勧められ、資本も支援者もいない状況で育児も家事もしなければならない状況でやらない理由はたくさんあったが、だからこそ面白いかもと思い、早速子育てのかたわら手芸用品店ユザワヤで購入した毛糸でプルオーバー等の5型を編み上げた。


この2点が「伝説の5型」のうちのふたつで、いまやファン垂涎のアイテムとなっている

 

作り上げた結果5型しかできなかったが、阿部潤一がそれでもいいじゃないかと背中を押してくれ、ブランドネームのサカイも阿部潤一のアイディアと語っている。

1999年、子育てのかたわらサカイ(sacai)を設立。5型のみのコレクションでのスタートだった。ブランド設立前に所属していた、コム デ ギャルソンのように大々的な宣伝をすることはなく、雑誌の紹介、スタイリストやセレクトショップからの高い評価、ユーザーによる口コミで人気が広がった。



関連画像

設立後の秘話を語る。《日経ビジネスオンライン抜粋》

ーそこからいよいよ仕事と家庭の両立がはじまるわけですね。 

阿部:両立なんて、そんなカッコいいことでは全然ありませんでした。デザインの仕様書を書き、パターンを作って、縫製工場に発注していくわけですが、とにかく何をするにも、娘を背におぶいながらです。
1型について10枚から20枚の発注ですから、工場も割に合わないロットですよね。それを一所懸命お願いして、製品が上ってきたら、また自分で洗濯ネームと下げ札を付けます。バイヤーへの営業も、サンプルをトランクに詰めて、ひとりで出かけていました。生地は1反、2反で買いますし、段ボールも家にどんどんたまっていく。すごい状態でしたね。

ー当時は、展示会もご自宅で開かれていたとか。

阿部:自宅マンションのリビングは、少し広めのスペースだったのですが、そこを使って商談も展示会もしていました。もちろんアシスタントなんていません。アパレル関係者が同業の方に「サカイに連絡をしたいから、広報の名前を教えて」と聞いたら、「大丈夫、電話には阿部さんしか出ないから」と言われた、って笑っていました。
それで、展示会のときには、ひそかに尊敬するファッションジャーナリストの方や雑誌の編集長に来ていただきたくて、招待状1通1通に手編みの靴下を付けたりしていました。


ーそういう凝った招待状は、何通ぐらいお出しになっていたんですか。

(写真)コレクションで発表した作品をかたどった、初期のころの招待状

阿部:40通ぐらいですね。キャパ的にもそれぐらいが限界で。その中でどれだけの方々がいらしてくださるか。必死でした。展示会に初めていらしたジャーナリストの方が、玄関で「え、ここで靴脱ぐの?」っておっしゃった言葉を今でも覚えています。

ー展示会の効果はすぐに出ましたか。

阿部:毎回、10型ぐらいのささやかなものでしたが、点数を絞り込んで集中したのがよかったのでしょう。3回目ぐらいから、ニットにシルクなどの布帛を合わせる手法が、自分の中でもどんどん発展していきました。

 

パリでの初挑戦とニューヨークを語る

阿部:最初にサカイの服を気に入って、買ってくださった方たちが、それを着てくださることで、口コミで広がっていく。手ごたえを感じました。そのうち、とうとう自宅ではまかないきれなくなって、2003年に仕事場を別に持つことになりました。スタートから4年後です。

ーサカイはそのころから、海外にも卸すようになったんですよね。

阿部:アパレル業界の方々は、パリコレなど海外に出る機会も多いでしょう。「サカイを着ていたら、『それ、どこの?』ってパリのバイヤーから言われたわよ」と、声をかけていただくことが多くなりました。だったら次は海外かな、と特に気負いもなく決めていきました。

まずはパリとニューヨークだ、と私は考えました。それで、パリコレ開催の時期にパリに行って、めぼしいセレクトショップを回ることにしたんです。店頭で見本を見せて「いかがでしょうか」「まあ、これ、いいじゃない!?」って盛り上がる。こっちは「やった!」と思いましたが、でも結局、誰もオーダーしてくれませんでした。

ーなぜでしょう?

阿部:話をするべき相手が違っていたのでしょう。後でパリの事情に通じている人から、「デザイン学生じゃないんだから、店頭で『どう?』は通用しないよ」と言われて、反省しましたね。

ーニューヨークではいかがでしたか?

阿部:初めはニューヨークのエージェントが、セレクトショップでの販売に話をつないでくれたんです。でも、そのエージェントは比較的安い価格帯の服を扱うところだったので、最初、サカイの値段は高すぎると言われました。そうでなくても、海外は関税や輸送費などで、現地での上代がさらに上ってしまうのです。

当初は「安くして」と、いろいろ要求されましたが、それでも私はコンセプトを曲げませんでした。サカイは安い服ではなく、女性がハッピーになれる服を作りたいのだ、と。

で、フタを開けたら、値段が高くても売れたのです。当のエージェントも新しい客層を開拓できて、「サカイは高くても仕方ないわね」と認めてもらえるようになりました。そこから、ニューヨークの「バーニーズ」や、ロサンゼルスの「マックスフィールド」、シカゴの「イクラム」といった、有力なセレクトショップとの取り引きも始まりました。

ーイクラムは、オバマ(元)大統領のミッシェル夫人のお気に入りのお店ですね。

阿部:はい。そうやってアメリカでいい経験ができたので、より多くの方にサカイを見ていただきたいと思い、もう一度パリに挑戦することにしました。以前の失敗は、私にとってはいい学習の機会だったのだ、とマインド設定をし直しまして。

ーデザイナーがパリに打って出る、というと、いわゆる「パリコレ」への参加になるのですか。

阿部:パリコレに参加するには、いろいろハードルが高いのです。大きく投資するつもりで、お金をかければできたかもしれませんが、私のやり方はそれじゃないな、って直感的に思いました。
それで、パリのホテルに部屋を取って、そこで小さな展示会を催すことにしました。

ーそれもひとりでなさったんですか?

阿部:そのタイミングで、東京をベースにしたエージェントとビジネス上のパートナーシップを組むことにしました。といっても、基本はひとりなんですけどね。

最初が肝心だと思ったので、場所は慎重に考えて、コンコルド広場に面したオテル・ド・クリヨンのスイートルームを4泊間予約しました。

ーおお。お高いホテルですよね。

阿部:両手にサンプルを詰めたトランク2個と、背中に自分の荷物を入れたバックパック。エコノミークラスでパリに飛んで、ホテルのフロントロビーを歩いていたら、「ホテルをお間違えでは?」なんて対応をされちゃいました。

ーサンプルはどれぐらいお持ちになったんですか。

阿部:40型くらいですね。ホテルからラックを借りて、ひとつひとつ服を自分でかけて、整えました。といっても、最初から人がたくさん来るわけもなく。

ーそうでしたか。

阿部:1日に数人、という日もありましたが、それでも4日間で30軒分のバイヤーや関係者がいらしてくださいました。来てくださった方は必ず服を買ってくださったので、すごくいいスタートが切れたと思いました。

sacai 2017 Autumn Winter Backstage shot by @jasonlloydevans #sacai #sacaiofficial #adayinthelife

sacaiofficialさん(@sacaiofficial)がシェアした投稿 –

たとえ売れなくても面白いものを・・・

ー阿部さんは服作りだけでなく、ビジネスに対してもクリエイティブなんですね。

阿部:私自身が、自分はアーティストではなく、仕事として服作りに取り組んでいる、という自覚を持っているからだと思います。ファッションデザイナーであると同時に経営者であることで、自由で独自性のあるクリエイションとビジネスができるのだ、と考えています。

ー経営者。とお聞きすると、金銭的な成功を目指すようにも聞こえますが…。

阿部:ちょっと矛盾するかもしれませんけれど、私、目先のお金には興味ないんです。「ここでひとつ大きく当てましょう」という話には、くらっとこない(笑)。その意味で、私がいちばんこだわっているのは、カッコよさですね。

ーカッコよさ。

阿部:パリに行くときも、従来のパターンを踏襲するのではなく、誰もやったことのない形で挑戦したかったのです。

ーなるほど、カッコいい。

阿部:ファッションブランドって、少し名前が売れると、デザイナーの思いとは別にひとり歩きすることが多い。私も後に何度か大手企業から、「名前を貸してくれませんか。後はこちらでやりますから」というオファーをいただきました。

ービジネス的に、おいしそうなオファーに聞こえますが。

阿部:世の中にお金だけ出してくださる方なんていません。そのような話を受けたら、デザイン面でのクリエイションは、どんどん妥協を強いられることでしょう。私は、「面白くない。でも売れるかもしれない」という仕事はしたくありません。つまり、いつでも決定権を持っているべきだと考えているのです。

ーストイックですね。

阿部:経営に関してはストイックだと思います。サカイは創業から16年になりましたが、それだけの期間があれば、本当は会社としてもっと大きくなっていてもいいのかもしれません。ただ私は、「ここまででないと目が行き届かない」というラインを守りたかったし、今もその姿勢はまったく変わりません。
というのは、スタートしたときから、誰かにお願いできる、なんて状況ではなかったから。その経験は今も自分のビジネスにすごく影響しています。もちろん今はビジネスの規模も創業時からは拡大し、スタッフが増えましたので、それぞれにまかせていますが、それでも商品の仕上がりから、経営の細部まで確認しています。

ーサカイの売り上げは、創業以来ずっと右肩上がりを達成しているとうかがっています。

阿部:最近は海外の売り上げが急伸していて、むしろ「こんなに売れるのはおかしい。調子に乗っちゃダメ」と、自分をいましめているところなんです。

 

できない理由をさがすのではなく、できる理由を考える

ーうらやましいというか、何というか。一度は口にしてみたいセリフです。

阿部:いえ、本当に。サカイをスタートしたときは、「たった5型でブランドなんて言えるの?」って、自分で自分に問いかけ続けていました。でも、足元を見て、一歩一歩歩んでいけば、ブランドになるんです。

「自分のブランドを作りたい」って、夢を語っている若い方たちは多いのですが、その次に続く言葉は「資金がないから、バックアップがないから、できません」。そんなこと、ないでしょう、と私は思うのですが。

ー確かに阿部さんにも資金やバックアップはありませんでした。

阿部:そうなんですよ。だから、できないというのは言い訳。独立を目指している方々には、ああ、こんなやり方でもできるんだ、ということに気付いてもらいたいな、と思います。

【続きはコチラ】
出産・育児の壁は「公平さ」で乗り越える:日経ビジネスオンライン
安心感と「心地よい裏切り」を両立するには:日経ビジネスオンライン

 

「サカイ sacai 2018」の画像検索結果

経歴

1987年、名古屋ファッション専門学校服飾科卒業後、「ワールド」に入社。
1989年 COMME des GARCONS(コムデギャルソン)に入社。パタンナー、ニットウエアの企画を経験。
1996年 結婚・出産育児を機に退社
1999年 自身のアパレルブランドsacaiを立ち上げる
2003年 秋冬コレクションからNYで展示会を行う
2004年 春夏コレクションからはパリで展示会を行う
2006年 sacai gem(サカイジェム)、セカンドラインsacai luck(サカイ ラック)をスタート
2007年 毎日ファッション大賞受賞
2008年 メンズラインをスタート
2009年 「MONCLER S」のデザイナーに就任
2011年 東京・南青山に初の直営店をオープン
2015年 二度目の毎日ファッション大賞受賞
2016年 sacai luck休止し、sacaiへブランドを統一

 

二度の毎日ファション大賞受賞

阿部千登勢は2007年に一度目の毎日ファッション大賞を受賞し、2015年には二度目の大賞を受賞。それまでに二度以上の大賞受賞したのは、川久保玲(COMME des GARCONS)、三宅一生(ISSEY MIYAKE)、山本耀司(Yohji Yamamoto)、高橋盾(UNDERCOVER)の4人である。
2007年、第25回毎日ファッション大賞の大賞に阿部千登勢が選出される。
2009年春夏コレクションより、メンズコレクションをスタート。レディスコレクションと同様のコンセプト、アプローチでコレクションを展開している。
2010年春夏コレクションよりモンクレールの新ラインとして、阿部千登勢が手掛ける「MONCLER S(モンクレール エス)」を発表。モンクレール エスは2012-13年秋冬コレクションまで展開した。
2011年、2011A/Wパリコレクションにて初めてモデルを起用したショーを開催する。同年9月に、旗艦店を東京・南青山にオープン。ここでは、sacaiのレディス、メンズ、sacai luckの全てのコレクションが揃う。



「サカイ sacai 2018」の画像検索結果

 

sacai’s  collaboration & collection

sacai × UNDERCOVER

「サカイ(SACAI)」と「アンダーカバー(UNDERCOVER)」は10月20日、「アマゾン ファッション ウィーク東京(Amazon Fashion Week TOKYO)」の期間中、アマゾン ファッションが主催するプログラム「アット トーキョー」で合同ファッションショーを開催する。さらに、「アット トーキョー」のウェブストアでスペシャルアイテムを販売する予定だ。

#UNDERCOVER #sacai

UNDERCOVERさん(@undercover_lab)がシェアした投稿 –

阿部千登勢「サカイ」デザイナーは、「26年前の6.1 THE MEN(編集部注:1991年に『コム デ ギャルソン』と『ヨウジヤマモト』が行ったメンズの合同ファッションショー。ミュージシャンの細野晴臣や高橋幸宏らがモデルとして参加した)を間近で見た衝撃を今でも鮮明に覚えています。生活している東京で何か新しいことをしたいとずっと考えていた中で、ジョニオくん(高橋盾氏)にアマゾン ファッション『アット トーキョー』(Amazon Fashion “AT TOKYO”)への参加について声をかけてもらい実現しました。私が昔感じたような衝撃を多くの人に体験してもらうには『アンダーカバー』が最高の相手だと思っています。まだ見たことのない景色を皆さんと見られることを楽しみにしています」とコメントする。

一方、高橋盾「アンダーカバー」デザイナーは、「数年前から是非東京でショーをとの依頼があったが、15年ぶり満を持してAmazaon Fashion “AT TOKYO”プログラムへの参加を引き受けることになった。やるからには歴史に残る1日にしたく、『サカイ』に合同ショーを依頼したところ、阿部さんに快く承諾を頂いた。全く世界観の異なる2つのブランドの融合を楽しんで頂ければ幸いだ」と述べる。

Amazon Fashion “AT TOKYO” 10.20 #sacai / #UNDERCOVER show

sacaiofficialさん(@sacaiofficial)がシェアした投稿 –

 

 

sacai x The North Face

「サカイ(sacai)」が、「ザ・ノース・フェイス(The North Face)」とコラボレーションしたアイテムを発売する。10月11日に伊勢丹新宿店で先行発売され、14日からサカイの公式サイトと両ブランドの一部店舗で取り扱う。

サカイのデザイナー阿部千登勢は、ブランドの象徴である「ハイブリッドの美学」をザ・ノース・フェイスの代表的なアイテムに落とし込み、服の原型を継ぎ合わせることで新たなデザインに再構築した。シンプルで軽やか、奇抜さと独自性を取り入れたコレクションに仕上げられ、1月にパリメンズファッションウィークで開催されたサカイ2017-18年秋冬コレクションのランウェイショーで発表。注目を浴びていた。

コラボアイテムは、メンズとウィメンズ、ユニセックスを展開。防水性、 保温性、吸汗速乾性といった機能を備えたロングコート(7万2,000円)や、ダウンジャケット(7万6,000円)、Tシャツ(1万8,000円)、フーディー(3万円)、キャップ(3万円/いずれも税別)などをラインナップする。

■sacai x The North Face(R)

展開店舗:2017年10月14日 sacai(flagship store)、sacai x The North Face® Online Store、THE NORTH FACE UNLIMITED

10月11日〜10月17日 伊勢丹新宿店ステージ1階
11月15日〜11月21日 うめだ阪急本店 コトコトステージ11

   

「サカイ sacai 2018」の画像検索結果

 

2017AW – Runway

  

 

2018 Resort – Runway

サカイ(sacai)2018 Resortコレクション Gallery16    サカイ(sacai)2018 Resortコレクション Gallery20

 

sacai x 藤原ヒロシ

藤原ヒロシ氏と不定期のコラボレーションライン(sacai NOT sacai)

『コラボレーションに関しても何かのメリットを求めて行なったことはないです。私もそうですし、ヒロシさんもそうなのではないかと思います。好きなことを仕事にしている醍醐味のようなもので、仕事の延長線上で気が合う仲間とお互いのクリエーションを共有するというような感覚でしょうか。売り上げの計画を立てて緻密に取り組むことではないです。その方が良いものが生まれたりするんですよね。』

sacai (NOT sacai) #sacai #sacaiofficial

sacaiofficialさん(@sacaiofficial)がシェアした投稿 –

 

(Visited 6 times, 3 visits today)

コメントを残す