2018年ヒット予測ベスト20 ~2位の熱狂ライブコマースを探る~


前回の記事では「日経トレンディ」(日経BP社)が選ぶ「2018年ヒット予測ベスト20」の発表に基づいて、「2018年ヒット予測ベスト20」で堂々の1位に選ばれた「マルチAIスピーカー」について取り上げました。

2018年ヒット予測ベスト20 ~1位のAIスピーカーに迫ってみた~

今回は、第2位に選ばれた「熱狂ライブコマース」についてピックアップしてみたいと思います。実はこの「熱狂ライブコマース」は、私が最も注目していまして、これからの電子商取引の仕組みを変えていくであろうプラットフォームになると考えられます。

そこで、「ライブコマース」というワードをあまり聞きなれない方も多いとは思いますので、紹介と共にライブコマースの今後についてもお話していきたいと思います。

 

ライブコマースって何?

ファッションに対する好みや感じ方は、人それぞれが感じるエモーショナルな部分。それは、ショッピングの場面でも同じです。その情報を得るチャネルは、テレビや雑誌が主流でしたが、今ではECサイトやSNSなどのネット上で商品や情報を知る事が多くなってきました。代表的なものの1つに “インフルエンサー”と呼ばれるSNS上で大きな影響力をもつ人々の存在があります。

そのような影響力を持つインフルエンサーがライブ動画を配信し、視聴者はリアルタイムに質問やコメントをしながら商品を購入できるという新しいEコマースの形。

影響力の大きいインフルエンサー、つまり人気のあるモデルやタレントといった出演者が、おすすめのファッションやメイクなどをライブ配信で紹介し、視聴者はそんな出演者に対してハートやコメント、アンケートなどを通しリアルタイムに相互コミュニケーションをとる事ができるコンテンツ。
注目すべき点は、気になったアイテムがライブ配信中に購入できる、モバイル時代ならではの新感覚のショッピング体験です。これまでのプッシュ型の商品ファーストなECや通販番組とは異なり、ライブコマースはコンテンツファースト(プル型)の番組企画で、共感から購入に至るプロセスが特徴なのです。

従来のテレビショッピングがプル型(一方的)であったことと比較すると、コミュニケーションを通じて商品を深く理解することができ、生放送の良さである「臨場感」も持ち合わせたハイブリッドなEコマースの形であり、今後ますます拡大されていくと考えられているのです。

 

中国では既にライブコマースが進んでいる

日本ではまだこれから拡大するであろう「ライブコマース」。実はすでに中国では、こういったライブ通販の広まりが進んでいるのですよね。

その一例として、中国通販サイト、タオバオの「淘宝直播」があります。「淘宝直播」では、ファッション関係インフルエンサーの女性が2時間で何と約3億円の売上げを記録したんですね。ライブ配信で自身の新作ブランド発表とその製作過程などを実況中継し、41万人が視聴、100万いいね!を獲得したそうです。

アパレルの小売り店舗の売上が、1日100万円くらいだとすると、販売力の高さは圧倒的。動画ECでものを売る時代は“いつか来る“のではなく、もう始まっているんですよね。
今までは日本のメディアも中国を「パクリの国」と揶揄していましたが、今ではすっかり中国に技術もトレンドも先を越されています。「淘宝直播」で3億円売上げた話も今年3月の記事。この「ライブコマース」だけでなく、中国やアジアの国に対して謙虚な姿勢で「真似る」ことも日本には必要になってきていますね。

参考:2時間で3億円を売り上げるタオバオ生中継(淘宝直播)とは?

 

 

ソーシャルライブコマース「Live Shop!」

関連画像

 

今、日本のライブコマース業界の中で最も注目されているのが、「ライブ配信 × コマース × インタラクティブ」を特徴としたソーシャルライブコマース「Live Shop!」です。

「Live Shop!」は、Instagramなどで活躍するインフルエンサーが、お気に入りのアイテムをライブ配信の動画で紹介し、視聴者は気に入った商品をその場で購入ができるサービスなんですね。
「Live Shop!」の担当者が話すコンセプトとは、アイテムを紹介するインフルエンサーとのインタラクティブなコミュニケーションをしながら、買い物ができること。現在では、インフルエンサーのファンを中心に視聴されていることで、ターゲットを10〜20代に絞っているが、今後はブランドやインフルエンサーの幅も広げターゲットも拡張していく予定。

「Live Shop!」を代表とするライブコマース、ライブ配信の魅力の1つは、出演者に質問のコメントをするとすぐに回答してもらえたり、視聴者が面白かったらいいね!をつけたり、出演者と視聴者がリアルタイムにインタラクティブなコミュニケーションができる点が魅力と言えるでしょう。

 

●「Live Shop!」4つの特徴(YouTube)

1:出演者がお気に入りのアイテムをライブ配信(生配信)で紹介
2:ライブ配信中に、その場で簡単に購入ができる
3:出演者と視聴者が、コメント欄やハートを通じてコミュニケーションできる
4:視聴者アンケートや抽選販売など、リアルタイムで楽しめる参加型企画

●チャンネル開設について
Live Shop!は、出演者がお気に入りの商品を紹介する「個人チャンネル」の他、各ブランドやメディア独自の世界観を表現できる「ブランドチャンネル」「メディアチャンネル」を開設する事ができます。視聴者と コミュニケーションをとりながらライブ配信していくため、販売機会の新規創出だけでなく、EC普及による “顧客との直接的な接点の減少”という課題も解消する事ができ、販売員やインスタグラマーのサービス力や コミュニケーション力を活かした販売が可能になります。今後、続々と新しいチャンネルの開設を予定して います。

●アプリ詳細
サービス名 : Live Shop!™ (ライブショップ)
カテゴリ :ショッピング
内容 :ライブコマースアプリ
価格 :無料

 




 

その他の注目のライブコマースアプリ5選

 

ピンクル(PinQul)

 

「ピンクル(PinQul)」の画像検索結果

東京大学の現役生が立ち上げたベンチャー企業Flattが開発したライブコマースアプリ「ピンクル(PinQul)」。
PinQulは女子高生や女子大生など10代から20代の若い女性をターゲットに、人気モデルやインフルエンサー、ショップ店員がお気に入りのファッションアイテムを紹介し、その場で購入できるライブコマースアプリ。

「ピンクル(PinQul)」の画像検索結果誰でも自由に配信できるC2C型ではなく、PinQulの運営によって選ばれたインフルエンサーが配信を行う。方向性としてはCandeeのLive Shop!に少し近いが「番組の作り方が異なる」という。
「(Live Shop!は)コンテンツが重視されていて、1時間前後のテレビ番組を見ているような感覚。しっかりとした企画があって、その一部で商品が紹介される。PinQulではよりコマース軸に振り切って、その時に売りたい服を20~30分で紹介するというものが多い。基本的には商品の紹介とそれに対するコミュニケーションで成り立っている」(豊田氏)

出演者の所有アイテム、既存ブランドの商品、出演者がデザインしたオリジナル商品の3種類を販売し、「メリージェニー(merry jenny)」「エモダ(EMODA)」「ダズリン(dazzlin)」などを展開するマークスタイラー傘下のブランドを中心に取り扱っている。今後は、ファッションショーを生配信で鑑賞しながらの購買など、これまでになかった購入体験を提案していくという。
Flattは、CEOの井手康貴をはじめとする東京大学の現役生が中心となり今年5月に設立。フリークアウトの佐藤裕介社長やペロリの中川綾太郎元代表といった個人投資家を引受先とする第三者割当増資を実施し、累計調達金額は数百万円規模としている。

「ピンクル(PinQul)」の画像検索結果

運営会社:株式会社Flatt
配信開始日:2017年10月5日
配信者:モデル、インフルエンサー

 

 

メルカリチャンネル

 

関連画像

 

いわずと知れたフリマアプリで人気ナンバーワンの「メルカリ」のライブコマースです。メルカリも年内上場の記事が紙面を賑わせています。そんな注目のメルカリが届けるライブコマースのキャッチコピーは、「売れちゃう!買えちゃう!ライブフリマ」
販売ジャンルはメルカリと同様、食品から娯楽用品まで、幅広く取り揃えています。配信している人の幅も広く、芸能人がサイン付き商品を販売したりする一方で、一般の主婦やOLが自分では着なくなった服や、使わなくなった子供のおもちゃを販売するような動画も多数配信されています。

「メルカリチャンネル」の画像検索結果

視聴者であるユーザーは、番組放送時にリアルタイムでコメントを送信することができ、出品者に対して、質問することができるリアルタイムコミュニケーションが可能というユーザー参加型の生放送ショッピングチャンネルです。
実際にメルカリチャンネルで紹介された商品を購入する場合も安全・安心な仲介を立てて行う「エスクロー決済」を採用しています。

オープニング記念として配信した多くの人気タレント
田村淳・道端アンジェリカ・藤森慎吾・横澤夏子・大倉士門・ジャングルポケット・フルーツポンチ村上・小島よしお・西川瑞希・パンサー・ざわちん・熊田曜子・・・

「メルカリチャンネル」の画像検索結果

運営会社:株式会社メルカリ
配信開始日:2017年7月31日
配信者:タレント、一部の一般ユーザー

 

 

Laffy(ラッフィー)

 

「ラッフィー」の画像検索結果

DeNAがリリースしているライブ配信アプリで、コンセプトは「作りながら売る」。
ハンドメイド作家さんを中心としたクリエイターの人たちが、ライブで作品や作品の制作過程を配信しながら、その場で視聴者に販売できるサービス。女性向けに様々な販売動画が配信されています。
誰でもライブ動画が配信できることが特徴で、いらなくなった洋服を売る人もいれば、手芸をライブ配信しながら販売する人もいます。

運営会社:株式会社ディー・エヌ・エー
配信開始日:2017年4月7日
配信者:誰でも投稿可能

 

 

SHOPROOM

 

DeNAの子会社が運営するアイドルやアーティストの動画ストリーミングサービスを提供する「SHOWROOM(ショールーム)」。そこから派生したサービスがこの「SHOPROOM」です。出演するのは、主にタレントやモデルなど有名人による配信が中心になっていますね。過去には北川景子さんがドラマで着用した商品を紹介するなど、今後も話題性のある商品を紹介していくようです。

「SHOPROOM 北川景子」の画像検索結果

運営会社:SHOWROOM株式会社
配信開始日:2016年9月7日
配信者:タレント、モデル

 

 

BASE LIVE

 

「BASEライブ」の画像検索結果

BASEライブは、ショッピングアプリ「BASE」で出店しているショップやメーカーが直接出演して商品の魅力をライブ配信できるというのが特徴です。インフルエンサーやモデルなどの限られた人でなくても配信でき、ユーザーはライブ配信を見ながら商品を購入できます。
BASEライブの利用料は無料。1配信につき15分、毎日19時から約3時間の間を配信時間としている(配信時間は順次拡大予定とのこと)。視聴する側は、「BASE」の最新版で、フォローしている店舗のライブ配信を見ることができ、ライブ配信を見ながら商品を買うことや、ハートやコメントによるリアクションも可能。

「BASEライブ」の画像検索結果

運営会社:BASE株式会社(BASE,Inc.)
配信開始日:2017年9月20日
配信者:商品販売者、タレント、インフルエンサー

 

 

俳優 山田孝之もライブコマースに参戦!「me & stars」

「me & stars 山田孝之」の画像検索結果

 

俳優 山田孝之氏がCIO(Chief Inovation Officer:最高情報責任者)を務める「me & stars」(ミーアンドスターズ)もライブコマースを提供する。
「me & stars」は、ライブコマース型オークションと位置付けされ、芸能人などインフルエンサーが出演するライブ動画で商品や体験を販売する。商品の提供以外に、インフルエンサーとの体験型企画も用意されているとのこと。

「me & stars 山田孝之」の画像検索結果

■「me & stars」のサービスラインナップ(原文ママ)

・プレミアムライブコマース
即時性とユーザー参加性を高めるべく、ライブ動画配信にてコンテンツを販売します。ユーザーはオークションなどさまざまな形式にて参加・入札・購入・応援などがリアルタイムで可能です。

・プレミアムプロダクト
ほかでは手に入らない、付加価値性が高く、ユーザーが本当に魅力的だと思えるモノを紹介します。スター、インフルエンサーの限定アイテム/カスタムメイドが手に入るかもしれません。

・プレミアムエクスペリエンス
購入者の中から選ばれた人だけに対して、インフルエンサーとのスペシャルな体験を提供します。また一連の体験は動画としてme&starsオリジナルコンテンツとしてデジタル放送を行います。

山田孝之より企画発表

■ミーアンドスターズ株式会社 概要
会社名:ミーアンドスターズ株式会社(me&stars.inc)本社:東京都渋谷区渋谷3丁目25番18号
役員:代表取締役社長兼CEO佐藤俊介
取締役CIO 山田孝之
設立:2017年9月1日
事業内容:- プレミアムECコンテンツプラットフォーム事業
– コンサルティングサービスの提供

 


いかがでしたか?2018年ヒット予測の第2位に選ばれた「ライブコマース」ですが、すでにたくさんのプラットフォームが生まれ、続々とリリースが進んでいるライブコマースアプリ。それぞれに特徴があり、どれが自分に適しているのか悩ましいところですよね。売り手は自分の商材であればどんなプラットフォームと相性がいいのかをじっくり見極めることが大切ですね。買い手は自分の好きな出演者や趣味・嗜好に合わせて使いやすいアプリを是非見付けてください。

今後も各社共にますます機能も充実してくると思いますし、また参入する企業も増えてくるであろうライブコマース業界。今後も目が離せませんね。

 

追記ニュース 2017.11.16

売れる配信者は100人もいない。ライブコマース事業者3社によるイベントレポート【TechCrunch Tokyo 2017】

YouTubeにコンサートチケット販売機能が追加。公式PVの下に直近のスケジュール表示、購入ページへ誘導

 

 




 

(Visited 7 times, 1 visits today)

コメントを残す