飲食店での座る位置、気にしてますか?

 

飲食店に行った際、「どの席に座ったら良いのか」と迷うことってありませんか?

 

席次や席順には、目上の人や年長者に対する敬意、あるいは相手に対するおもてなしの心がこめられています。

目上の人やお客様にはできるだけ良い席に着席して頂きますが、その部屋において最も良い席を「上座」(かみざ)と言います。

 

今回は、ビジネスにおける席順と恋人や想いを寄せる異性とのデートシーンにおける席順、両方のパターンで見ていきたいと思います。

 


ビジネスにおける会席の場合

目上の人というのは、一般的には役職が上の人や接待をする相手をさしますが、同じ地位の場合には年齢が上の人が上座となります。婦人同伴の場合は、婦人は原則として夫の席次に準じます。

また、上座とは逆にあたる席を下座(しもざ)と言います。会社では最も地位の低い人や、おもてなしをする立場の者が下座に座ります。

基本的なルールとしては、入口から遠い席の方から「上座」となり、反対に入口に近づくほど「下座」となります。

下の図のような席があるとすると、一番の上座は出入口から一番遠い1番の席であり、数字が大きくなるほど下座となっていきます。

床の間に一番近い、奥の席が上席となる。その向かいが2番目。床の間から遠くて出入り口に一番近い席が末席
   出入り口から最も遠い席が上座となる。出入り口近くには新入社員などが座り、雑用をこなす

 

ただし、和室には床の間があるお部屋の場合もあります。

床の間の正面(掛け軸など飾られているところ)に近い方が上座になるというルールが優先されるので注意が必要なんです。

床の間の前が上座となり、上座側の中央が一番役職が高い人の席。最上席の左隣(出入り口から遠いほう)→右隣と、職位が下がる

上の図のような場合、床の間側が上座側、出入口側が下座側になります。

最上席は床の間の正面。よって一番位の高い席は、床の間側の真ん中の席になります。

そして、出入口から遠いほど位が高くなるルールにも従いながら、席次が決まります。

 

では次に迷うことが多いカウンター席の場合。

接待されるお客様がお一人、おもてなしする側のお客様がお二人いらっしゃるとします。カウンターに並んで着席する際の席次はどのようになるでしょうか?

出入り口から遠いほうが上座ではあるが、接待する相手が1人の場合は、相手が端にいると話が弾みにくいので、中央に座ってもらって接待する側が両側に座る

出入口から離れている方が上座、というのが基本の条件でありました。

しかし、1名の方をカウンターで接待する場合はこのような席次になります。

お客様が端にいると会話が弾みにくいため中央に座ってもらい、接待する側が両側に座るというのが基本となっています。

 

もしお客様が先に下座に座ってしまった場合は、まずは上座への移動をお願いします。

しかし、判断するのは目上の方でありお客様の方なので、「ここでいい」と言われた場合は、無理に変更をお願いをしなくてもそのままでOKです。

あくまでも基本的なルールとマナーですので、臨機応変に対応するようにしましょうね。

 


恋人や好意を寄せる相手との場合

ビジネスシーンとは違い、この場合はルールやマナーよりも好感を持たれやすい席次をおすすめします。

もちろん上座・下座の概念は頭に入れつつ、窓側の席やお店全体を見渡せることができる座席へエスコートするのがスマートだと思います。

 

次に座り位置ですが、カフェのような二人掛けの小さいテーブルの場合は仕方ないですが、4人掛けなどのボックス席の場合。

その場合は、面と向かって真正面に座るのは止めましょう。

相手の顔がよく見える「対面」に座りたい人も多いでしょうが、「対面」で座るということは「対立する」という心理学的な効果があり、距離を縮めにくいポジションでもあります。

また、恋人ではなくこれからお付き合いできたらと考えている相手の場合なら、常にお互いの視線に入り続けることにより余計な緊張感も生まれるので、でるだけ避けたい位置ではあるのですね。

057

このように対角に斜めの位置に座るのが良いですね。

ただ2人だと対面の席が多いのも事実。その場合は、真正面からほんの少しだけでもずらした位置にすると良いでしょう。

 

では、カウンターなどの「横並び」の時は、左右どちらに座るが良いのでしょうか。

一般的に女性が左側に座るのがベターとされています。

車の運転席も右側であったり、道路を歩くときは男性が車道側を歩くことが多いことから、男性が右側、女性が左側でいるほうが安心感に繋がり、落ち着きやすいということなんですね。

左側は「頼りたい」、右側は「守りたい」という意識も働くようなんです。

 

そしてこれらの事をふまえた上で、あなたが店選びや席選びをする際に最もベストなのがL字型の座席です。

「バー カフェ L字 座席」の画像検索結果  L字.jpg_effected

このようなL字型の席、もし会話が途切れたとしても相手と顔を向き合わせていないため、気まずい雰囲気になりにくいですよね

話したいときだけ顔と体を向ければよいのですから。

 

また相手との距離感も近いため、適度にスキンシップも取りやすいのです。

相手との心の距離を縮める上でも、もってこいの席と言えるでしょう。

 


 

今回は、ビジネスの会食における席次のマナー異性との食事における心理学的席次テクニックについてお話させていただきました。

あくまでも基本ルールですので、思ったようにエスコートできなくても慌てることなく落ち着いて行動して下さいね。

 

最後にもう一度、

落としたい異性や親密になりたい相手がいるならL字が有効です!

良ければ、試してくださいね。

 

(Visited 1 times, 1 visits today)

コメントを残す