あなたなら誰から買いますか?

 

同じ商品があったとしましょう。

 

あなたなら誰から買いますか?

 

100円や200円のものなら、何も考えず家の近くで買ったりもするでしょう。

家の家計を握っているママさんなら、広告を見比べて安いところで買うでしょう。

少し値の張るものでしたら、ネットで調べて最安値で買うかもしれません。

 

しかし、あなたが本当に欲しい物、大切な物を家族や親友が売っていたらどうでしょう。

 

家族や親友から買いませんか?

少しくらい高くてもそうするかもしれません。

 

人は同じものなら親しい人や好きな人から買いたいと思うものです。

 

関連画像

 

ビジネスに置き換えてみたらどうでしょう。

 

とある建築会社の営業マンT君。

建築業界に限らず、どの業種も相見積もりなんて当たり前の時代です。

そんなT君は、数社ある相見積もりの中でクライアントと交渉を続けていました。

 

そして最終のプランと金額を提示した数日後、先方から連絡が入りました。

「T君。〇〇社の方が10万円安いから、申し訳ないけど今回はそっちにするよ」

との断りの電話でした。

 

その時にT君は、こう思い決心するのです。

「あー、たった10万の差で負けたか・・・ う~ん、もっと企業努力して価格を下げないと!!」

 

これ、一番駄目な営業マンなんです。

え、T君って誰かって? はい、私です。

 

自社の企業努力うんぬんの前に自分を磨く努力をしなさいってこと。

この人から買いたいって思わせる努力をしなさいってことなんですよね。

 

 

「トップ営業マン」の画像検索結果

 

どの業界でもトップ営業マンはいます。

 

私も多くの方を見てきましたが、そんなトップ営業マンは物を売りません。

自分を売ります。

 

「買ってください」と言いません。

「あなたから買いたい」と言わせます。

 

もちろん中には安ければ良いって人もいるかもしれません。

しかし本当に大切なものを買うならどうでしょう。

 

このブログで扱ってる「衣・食・住」で例えたなら、

同じブランドの服を買うなら、オシャレで素敵な、感じの良い店員さんから買いたくないですか?

同じ居酒屋に行くなら、元気があって愛想のいい楽しくなるようなお兄さんがいる方がいいですよね?

同じ家を建てるなら、親身に相談に乗ってくれる誠実で一生懸命な営業マンに頼みますよね。

 

つまりその人が家族や親友から買いたいと思うのと同じくらいの人になればいいんです。

自分が大切に思っているものなら、同じようにそれを大切に思ってくれている人から買いたいものなんです。

 

そして「誰から買うか」が際立ってくると、「いくらで買うか」の影が薄くなってくるんです。

私は営業に限らず商売の醍醐味ってここにあるんじゃないのかなって思うんです。

 

インターネットが普及し、今ではパソコンの画面を見ながらワンクリックで物が買える時代になりました。

しかし本当に大切な物を買う時は、まだまだ「人」って大切だと思うのです。

それが大切な物であればあるほど、大きければ大きい買い物ほど「人間力」って必要だと思うのです。

 

「ショップの店員」の画像検索結果

先日、大阪への長期出張が急に決まり、住む部屋を探していたんですね。

冗談抜きで明日からでも住める部屋を。

 

そこで、手当たり次第インターネットで調べては電話してたんです。

いくつもの不動産屋さんに電話した中に、すっごく感じも良くテキパキと動いてくれ、私の要望を一生懸命聞き入れてくれようとする営業マンの方がいらっしゃいました。

 

私、言いましたもん。

「もう、〇〇さんに任せるわ。〇〇さんが良いと思う物件でいいや」

ってね。

 

 

私自身、「衣・食・住」を中心としたライフスタイルについてのブログを書かせてもらっています。

ここでは、良い商品を紹介するだけでなく、よりよいライフスタイルを提案してくれる素敵な人たちも紹介できればなと考えております。

 

また暇があれば覗いて下さいね^^

 

(Visited 1 times, 1 visits today)

コメントを残す